"生きる"を楽しんで

生きるしかないなら、さて、どうやって生きようかなーってずっと考えてます。あなたも一緒に考えてみませんか?

36 目を閉じるのは 祈り

f:id:shinonoa:20161004213321j:plain


目を閉じて
闇に包まれる

今の私は この現実に参加していないことになったりするのだろうか


視覚を塞いだだけでは
フィードアウトはできない

聴覚から 触覚から
否が応でも 現在進行形の現実が伝わるから



それでも 目を閉じ続ける


それでどうにかなるわけじゃない

救われたり
何かが変わったりするわけじゃない


それでも
何かにすがるように
目を閉じる


次に目を開けた時には
まだマシな現実になっているように


祈りにも 似た 行為












↑電車に揺られていてそんなことを思いました。私の目の前の人達がみんな目を閉じて寝ていて、それはきっと、自分を癒すためだったり、自分を休めるためだったりするのかもしれないけど

現実からのフィードアウトにしたり
外界からの刺激を避けたりするものでもあったりするのかもしれない

そして
私は願う

次に目を開けるときには

世界は私に とびっきり優しくなっているって










最後まで読んでいただきありがとうございます!




今日もあなたも私も、笑顔で、リラックスしていて、穏やかで、世界がとびっきり私たちに優しくありますように

shinonoa