読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"生きる"を楽しんで

生きるしかないなら、さて、どうやって生きようかなーってずっと考えてます。あなたも一緒に考えてみませんか?

29 押すなよ押すなよ背中

f:id:shinonoa:20160831001618j:plain


重たい重たい腰を

軽々と持ち上げるきっかけが

まだ見つからない


あれこれ考えた言い訳も

及第点ギリギリで危なっかしくて

なかなかうまくいかない


そんなこんなしていたら

立ち止まっている足が

なんだか最近むずむずし始めた

そんな兆候に気づいているけど

気付いていないフリをしている


だって

他人の背中は勢いよく押せるけど

自分の背中は触れることさえ出来ない


うまくいかなかったらどうするの?!

そんな声が私の手を止めさせる






チャレンジとか 挑戦とか

そんな格好つけた言葉なんていらない


失敗とか 後悔とか

あるかどうかもわからないものなのに

考えれば考えるほど 無限に出てくるものだから


いっそのこと

何かにわずかにでも心が反応したなら

それに従って動いてみたらいい


やってみたらきっと

また次のやりたいことにつながっていくから

 

そうして

そういったことをつなげていくことで

大きな何かに

例えば 欲しかった答えに

近づくことができるかもしれないから



傍観しているこの場所から

頭の中で考え続けるこの無限ループから抜け出して


そろそろ押してあげようか

「押すなよ!」って言っている 私の背中を











↑しっかりした動機を探していました。人生の指針のような、私の人生を支える大きな柱のようなものを見つけようとしていたけど、見つからない。

見つからない→見つけようとする→焦る→見つからないの無限ループ


見つからなければ動けないって、勝手に思い込んでいました。

頭かたいなー、私^^;


人生をかけてやりたいことではないけど、ちょっとやってみたいなー、みたいなことがありまして。それについてグダグダ考えていたんです。

そしたら

“そんな大きな、しっかりしたものじゃなくてもいいじゃない。ちょっとでも心が動いているならやってみればいいじゃない。”

そう自分に言われたんです。なんだかオネェみたいな口ぶりで(笑)



もうちょっと足踏みしていたいけど

そろそろ歩き出したい


その狭間に

もう少しだけ… 








最後まで読んでいただきありがとうございます!




今日もあなたも私も、笑顔で、穏やかで、リラックスしていて、幸せでありますように




shinonoa