"生きる"を楽しんで

生きるしかないなら、さて、どうやって生きようかなーってずっと考えてます。あなたも一緒に考えてみませんか?

20 回避推奨例


f:id:shinonoa:20160802204640j:plain



私の人生の中で

死ぬほど自分を許せなかった事が2回ほどある


許せなくて

許せなくて 

自分をもう信じられなくて

そんな自分と居られなくて


自己否定の嵐の中で

止まらない嗚咽と

涙でにじんだ視界と

頭の後ろから重くのしかかる現実に

もう立ってもいられなくなって


膝をついて

うずくまって

震えることしか出来ない



そんな状況に追い討ちをかけるのは

もう一人の自分だ


手を差し伸べてもくれず 

微笑んでもくれない


「最低」

私にそう吐きすてる


「ありえない」

もう一人の自分は私に繰り返した


私はその言葉を受け止めることしか出来ない


平衡感覚を失いそうなほど

グルグルとうねる感情の渦は私を飲み込んで

痛みを認識する機能なんて

もうとっくに麻痺して停止してしまった


そして

ダメだ

ダメだと言い続けてたら

自分を傷つけることばかり増えて

自分を責めることが上手くなった





自分を大切にしなさいって

誰か教えてくれたかな


いまだに慣れなくて

ぎこちないから

早く教えてほしかったよ


他人を大切に 親切にしないといけないと言うけど

自分はもっと 大切に 親切にしてあげなきゃいけないってさ


またそんなことを言って

責任転換も上手くなった私は

私じゃない誰かをも

責めようとする 


もう

責めたり

傷つけたりしなくていいから

せめて

上手く逃げてほしい 

 

自責の念とか

責任転換とか

もうそんなのどうでもいいから

感情の嵐に飲み込まれる前に

「まぁ、いいか」って

「なるようにしかならないや」って

ヘラヘラしながら

いさぎよく

逃げてくれないかな


そしたら

もう一人の私も

内心「傷つけなくていいんだ」ってほっとしながら

怒る気も 責める気も失って

「もう、しょうがない奴だなぁ」って

苦笑を浮かべて

見逃してくれるから









↑過去に

大きな問題を起こした時

まず私がしたのが「自分を責めること」でした。

問題の解決なんてされないのに、「悪いのは自分だ」と悪者にして、退治して終わらそうとしてました。私なりに逃げようとしてたのかもしれませんね、1番痛い方法で。 


そんな私に、人生の先輩が『今やるべきことは、今後こんなことが起きないように対策を考えることじゃないの?』と、とっても冷静に言ってくれました。

まさに!

まさにその通りです。

それなのにいつの間にか、原因追求と予防策の、“原因追求”の方が過剰になっていました。

それに気がついたのは、もう社会人になって5年を過ぎた時です。

そして、「最低」と罵倒し続けた結果、下がりに下がったメンタルが持ち上がるまで2週間はかかりました。

いやー、ほんと、全然上がりませんでしたね。あの時は何してもなかなか上がりませんでした。

自分自身でも、“自分のことをこんなに落とすことができるんだね”ってくらい落としたんでしょうね^^;

自分を傷つけるのって、なんでこんなに簡単にできてしまうんでしょうね。

まぁ、他人を傷つけることも同様かもしれませんが…







最後まで読んでいただきありがとうございます!



今日もあなたも私も、笑顔で、リラックスしていて、自分に優しくしていますように



shinonoa