"生きる"を楽しんで

生きるしかないなら、さて、どうやって生きようかなーってずっと考えてます。あなたも一緒に考えてみませんか?

15 効くかもしれません

f:id:shinonoa:20160728003759j:plain

 

昼過ぎのガラガラの電車

ボーッと揺られていたら

ふと浮かんだ考え

 

 

「みんなに平等に雨は降り注いでいる」

 

 

みんなに平等に今日が来て

みんなに平等に雨が降り注ぎ

みんなに平等に時は過ぎる

 

少なくとも

この電車に乗っているこの人たちと私に

平等にそれらは与えられている

 

それがなんだか不思議で

とてつもなく平穏に感じた

 

「あぁ  私の周りはなんて平和なんだろう」 

 

心底そう感じて

噛みしめるように何度も反芻する

 

ありがたい

 

ありがたいな

 

 

こんな風に感じること 

今までなかった

 

感謝できたのは

きっと

心に余裕があるからかもしれない

 

 

今と同じように

電車に揺られていたとしても

会社に向かっていたとしたら

きっとそうは思わない

 

仕事を終えた疲れた体では

きっとそうは思わない

 

 

状況と心境

受け取り方は人それぞれ

きっとそれが明暗を分ける

 

きっとそれが人生を決める

 

 

“心の余裕”

それは

迫ることのない時間が与えてくれた

 

 

『時間に追われない』

 

 

これってけっこう

効くかもしれない

 

 

 

 

 


 

久しぶりに遠出して、1時間ぐらい電車に揺られていたら出てきたんです、これ↑

その理由はやっぱり“余裕”ではないかと。

平日のど真ん中

特に時間も気にしなくてよかったので

適当に空いてる電車に乗り

乗り遅れても特に支障なかったため

急ぎもせず

ボーッと揺られていました。

こんなことなかなか出来ませんが

してみるとけっこう良いものです。

大切なんですね、「マイペース」であるとか「余裕」があることって。


「時間」とか「余裕」とか考えていると『モモ』を思い出します。

中学か高校生の時に読んだ本

時間に余裕がありマイペースに生きていた人たちが、“時間泥棒”に時間を盗まれてしまい、時間に追われて生きていくようになってしまう話

あんまり細かくは覚えていませんが、

時々「時間泥棒に時間を盗まれているなー」なんて思う時があります。

 


「時間」も大切な自分の財産


大切にしなきゃ

 



 

 ↓紹介した「モモ」の本です

モモ [ ミヒャエル・エンデ ]

価格:864円
(2016/7/28 01:04時点)
感想(119件)

 





最後まで読んでいただきありがとうございます




今日もあなたも私も、笑顔で、穏やかで、リラックスしていて、幸せを感じていますように



shinonoa