"生きる"を楽しんで

生きるしかないなら、さて、どうやって生きようかなーってずっと考えてます。あなたも一緒に考えてみませんか?

実験編1-5 小さな滴で広がる波紋

 

 f:id:shinonoa:20160720170854j:plain


 アバンダンスプログラム5日目

 

ブログに書くのが 遅れていますが

アバンダンスプログラムは着々と実施しています。

最近暑くて寝不足なため、なかなかシャキシャキとブログアップすることができない私^^;

皆様も夏バテ、熱中症にはご注意下さい。

 

さて

話を戻してアバンダンスプログラム5日目は、自分が得た・実現できた「豊かさ」と「足りないもの」をノートに書き出していくエクササイズ

 

このエクササイズをしていて思ったのは、昨日私の書いた“幸せ”のあれこれ(「青い鳥はいましたけれども」のブログ内容)は“豊かさ”に変換できるんだなーということ。

つまり私は“幸せ”というか“豊か”であるということなんではないかと。 

「私は豊かである」

「私は恵まれている」

とするなら、非常に納得がいきます。

 

そして、昨日ネットをあさっていたら腑に落ちた考えがありました

大まかにですが↓

 

「理性で判断する幸せ」と「感覚で捉える幸せ」があり

「理性で判断する幸せ」は置かれている環境や状況で脳が決めている“幸せ”

「感覚で捉える幸せ」は自分自身のなかにあるもので、“幸せ”と感じること


by大和ism 

幸せとは何か?

 

 

↑これ非常に納得!

昨日の私は「これらがそろっているなら幸せじゃん!」と、脳で判断して自分を“幸せ”だと思ったということです。決して感覚で感じたわけではなく。

だから釈然としなかったのかな?なんて思いました。 

この考えで考えてみると、昨日の私の一連の感情の変化が腑に落ちました。

 


こんな風に

自分の“幸せ”を明確化しようとか考え始めたのは

やはりアバンダンスプログラムの影響でしょうか?

 

なんだかちょっとアバンダンスプログラムに私の心境の変化がリンクしてきたような気がします。

願わくば

アバンダンスプログラムのエクササイズを実施していくなかで、私の問題への解決の糸口が見えますように…。

 そして、私の願う“幸せ”を知り、感じることができますように。

それにはまず、自分の願う“幸せ”を知らなきゃ、ですね。

自分の願う“幸せ”を知らないで“幸せ”になることはできませんもんね。

ん、なんだか哲学的(笑)


 







最後まで読んでいただきありがとうございます

 

 

今日も私もあなたも、笑顔で、リラックスしていて、穏やかでありますように


 

shinonoa