"生きる"を楽しんで

生きるしかないなら、さて、どうやって生きようかなーってずっと考えてます。あなたも一緒に考えてみませんか?

実験編1-3 小さな滴で広がる波紋

f:id:shinonoa:20160717204616j:plain


アバンダンスプログラム3日目


今回は、前回の“自分のなかの信念”と向き合い、手放すエクササイズ


私の信念というか固定観念が、もう、笑っちゃうくらいの「外側から塗られた概念」でできていました。

例えば

・男性は女性をチカラで支配しようとする。

・人は騙したり、優越感を感じたくて、他人のアラを探す。

・海外は怖い。日本人には危険が多い。

など、なんか怖がっていることが多いんだなぁって。

テレビの情報の影響もあるけど、それらを裏付ける体験もしたりしたので、これらは嘘とは言えませんが、これらを“そういうものだ”と思ってたら、なんか幸せになれないように思うのは、きっと私だけではないはず。

でも、ホント新発見です。自分の中に、こんな“不確かだけど、そうだと思っている概念”があるなんて。


↓以下ネタバレあり注意!!


なので3日目は、自分の中にあるこの“信念”が必要か、真実か尋ねてみて、不必要な“信念”を手放します。


方法は

紙に書いた“不必要な信念”を燃やして、灰にして、処分するというもの。

私の場合、たくさん書いた“信念”のほとんど(9割)が不必要だと結果でした^^;


手放して処理したあと、自分のなかの新しいものを受け入れるスペースを感じとれればいいなー、とのことでしたが

私は、「なんて不確かな固定観念に縛られてたんだろ」って呆れ、嫌な部分や闇の部分しか見ていなかったんだなーって思うのとともに、「もっと視点を変えていこう」って前向きに思えました。



気を抜くと

知らぬ間に闇を向いている私

でも

そんな未熟者な私だからこそ

私のもがく姿が

ほかの人の“幸せ”を得るキッカケになるんじゃないかなって思っています。

いや

なってほしい。

そして

一緒に“生きる”ことを楽しんでいけたら、それほど幸せなことはありませんね^ - ^






最後まで読んでいただきありがとうございます



今日もあなたも私も、笑顔で、リラックスしていて、自分を喜ばせてあげられていますように



shinonoa