"生きる"を楽しんで

生きるしかないなら、さて、どうやって生きようかなーってずっと考えてます。あなたも一緒に考えてみませんか?

2 天秤の傾き 闇と光

闇から光へ




闇から決別なんて

できないことを知っている


試みたけど

無理だったから



どんなに必死に光を見据えていても


ふと後ろから声がする



「見ているよ

 もう疲れたんだろ?

 もうやめてしまいたいんだろう?

 なにも かも


 わかっているよ


 知っているよ


 君はここから離れることはできないんだ


 君を救ってあげよう


 君が歩みを止めてくれるなら

すべてを手放してくれるなら



そうしたら

君はすべてから解放される


 責任感

 正義感

 しなくてはいけないこと

 気にしなければいけないことから」



闇はそっとささやく


いつも私を呼んでいる



しかし

その闇は深くて暗い



どうか光にたどり着くまで

闇に飲み込まれないように気をつけて


闇はとても魅惑的で 

いつもあなたを呼んでいるから




決別なんてできない


きっと

大切なのはバランス


闇と光の割合


無理に光側に居ようとすると疲れてしまうから


針が光の方に傾いていれば 

それでいい

 


どちら側にいるかわからないときは

いつも使ってる「言葉」でジャッジしてみよう


ネガティブな言葉が多ければ闇側へ傾き


ポジティブな言葉が多ければ光側へ傾く



では

少しでも光側へ傾くように 

「言葉」に意識を向けてみようか



「辛い」から

「楽しくなってきた」へ


「死にたい」から

「楽しんで生きてみよう」へ


心が伴わなくても今はいい


幸せだから笑顔になるんじゃなくて

笑顔でいるから幸せがやってくるように




決して自分を追い込むような言葉じゃなくて 


自分を楽にさせる「言葉」を

自分を安心させる「言葉」を

自分が笑顔になれる「言葉」を


意識して選んでいこうか



そうしたら

少しは傾くんじゃないかな


心の天秤









↑ブログ2日目

閲覧に来て下さってありがとうございます。

まだまだ慣れないため、わかりにくかったり読みにくかったらすみません。少しづつ快適になるように調整していく予定ですが、なかなか難解でして(力量不足のため)、ゆっくりやっていこうと思っていますのでご了承ください。



今回「言葉」のチョイスについて書かせていただきました。

意識していないと、けっこう“癖” で言ってしまう言葉ってありませんか?

私は「めんどくさーい」ってつい言ってしまう事があります。

細かいこと考えたりしていると、疲れて「めんどくさーい!」と投げ出したり(笑)。

でもそんな時って考え過ぎてたり、真面目に捉えて過ぎてて自分で自分を追い込んでたりするんですよね。

このブログ立ち上げの時にも何度か口にしてしまいました…´д` ;


これからは言葉のチョイスを変えて、「大丈夫、なんとかなる」「楽しんでやろう」「焦らずマイペースでいいんだ」って自分に言ってあげます。

自分に優しくするのって、なかなかできていませんが、自分を追い込むような言葉を使わないようにしていきたいです。




あなたも言葉の“癖”ってありますか?

もし良い変換ありましたら、ぜひ教えてください。





最後まで読んでいただきありがとうございました。


shinonoa